乳酸菌の可能性

ヨーグルト乳酸菌で善玉菌を増やす

ふだんから偏った食事をしていると、悪玉菌が増えていくといわれています。善玉菌と悪玉菌、耳にしたことはあるかと思います。

悪玉菌はその名の通り、私たちの体に下痢をはじめなにかしらの害を加える悪い菌です。反対に善玉菌は、体に良い菌で増やす必要のあるものです。どちらの菌も直腸、大腸に存在しています。腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やしてあげた方が腸にとって大変良好な健康法なのです。

そこで、ヨーグルトの登場です!ヨーグルトの中には、乳酸菌が含まれています。この乳酸菌は善玉菌の一種で、ぜひ摂取したいもの。しかし、善玉菌を直接腸まで届けるのは、実は簡単ではありません。腸に到達するまでに、胃液などの強力な酵素で死滅してしまうのです。ですので、ヨーグルトを選ぶ際は、プロバイオティクスのものを選びましょう。善玉菌が途中で完全に死滅する可能性を減らし、腸まで行きわたります。また、ヨーグルトは食べるタイミングも実は重要で、空腹時は避けた方がよいでしょう。人はおなかが減っているとき、胃酸が分泌されています。そこに善玉菌を増やそうとヨーグルトを取り込んでも、胃酸でほぼほぼ死んでしまいますので元も子もありません。理想のタイミングは、食後です。そこにバナナなど食物繊維を含む果物を一緒に混ぜて摂りいれるのもいいでしょう。便秘でお悩みの方は善玉菌を増やしつつ、食物繊維も摂れるので一石二鳥ですね。

留意点として、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は1種類ではなく、250種類以上の菌の総称です。いずれにせよ、体には良いのですが、便秘を解消したい、肌をきれいに保ちたいなどそれぞれの目的に合わせて日々の食後に取りいれるのがベストです。